札幌国際芸術祭2014「フォレスト・シンフォニー in モエレ沼」 supported by LOUIS VUITTON

国内外の樹木にセンサーを設置し、それらの生体電位をデータとして取得・集積・解析し、音楽へと変換する《フォレスト・シンフォニー》は、異なる自然環境にある各地の樹木のデータを音楽として聴くことができるとともに、それらが空間全体で一つのシンフォニーとして浮上するインスタレーションです。

《フォレスト・シンフォニー in モエレ沼》では、会場のあるモエレ沼公園をはじめ、札幌市内や北海道内、および国内外の11カ所の樹木から取得したデータを音楽そして映像へと変換し体験いただけます。また2Fのスペース2では、関連展示として、本作の背景やモエレ沼についての解説に加え、坂本龍一とビジョンを共有する竹村真一による《触れる地球》を特別展示として紹介いたします。

札幌国際芸術祭での展示にあたり、テクニカルチームとしての参加。

http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/fs_detail

home